高校生のワキガ事情!思春期だからこそ体臭が気になる!

ワキガ⑧

ワキガに悩んでいるのは、大人ばかりではありません。

実は高校生のワキガ事情が、かなり深刻です。

思春期だからこそ気になる体臭です、一緒に考えてみましょう。

高校生のワキガ事情

ワキガの臭いの元となるのがアポクリン腺ですが、このアポクリン腺は、思春期頃に特に発達していきます。

なので、中学生、高校生の10代中盤から後半にかけて、ワキガ臭が強くなる生徒さんが増えます。

またその時期はホルモンバランスが崩れやすいので、体臭だけでなくニキビが出来たり、毛深くなったり様々な変化が訪れます。

臭いを抑える努力はするものの、ワキガであることを自覚してしまうと、消極的になったりして自信を失うこともあります。

たたでさえ多感な時期ですから、ワキガでなくてもいじめなどの対象になりかねません。

それなのにワキガ臭がするとなると、本人はもちろん、周りにも精神的に悪い影響があります。

また高校生くらいだと、臭うことばかりに気を取られ、肝心の食事や生活をはじめとする、体質の改善まで気づきません。

大事な息子さん、娘さんが、周りから孤立してしまわないよう、ご両親やご家族、みんなでサポートしてあげましょう。

思春期だからこそ体臭が気になる!

思春期というものは成長期ですから、代謝が活発になり、皮脂や汗など臭いの原因になるものが沢山分泌されます。

ですからワキガに限らず、成長期特有の体臭が出ることが多いものです。

また思春期は異性をとても意識する時期なので、体臭があることで好きな人や友達に臭い!と思われたらどうしよう・・・

とか、友達の臭いがすごく気になったりします。

思春期に入って、いきなり臭うようになってきたから全部の人がワキガかというと、そうではないらしいです。

ワキガか、ただ単に成長期の臭いなのかを見極めるポイントは、制服など白シャツの脇部分が黄ばむ、体操服などに、ゴマのように黒い点々(カビ)がいっぱい染み付くことで分かるみたいです。

それだけでなく、耳垢が湿っていたり、家族の中にワキガの人がいると、ワキガの可能性が高くなります。


まとめ

ワキガは思春期から始まると言っても過言ではありません。

ワキガのセルフチェックをしっかりやって、それぞれに合ったワキガ対策を行いましょう。

他人にとって気にならない臭いでも、思春期だと臭いに敏感で、大人よりも深刻に悩む高校生も少なくありません。

高校生の皆さん、一人で悩まずにみんなで解決していきましょうね!